草刈りと剪定でキュートなガジュマルのある庭をつくろう

剪定

庭を手入れするなら

weeding tools 刈払機が便利になったことで、素人でも使用する人が増加しています。草刈りは、毎年定期的に実施しなければならず、業者に依頼すると費用負担が大きくなりますので、自分で刈払機を購入して作業する人が増えているのです。

Read More

草刈りの知識をつける

weeding tools ひと夏の間に3回以上草を刈るなら、業者に依頼するのではなく、草刈りの道具を自分で用意した方が安上がりです。また、自分で草を刈れば、刈った草の処分を自分でしなければいけません。禁止されていないなら、燃やすのが一番手っ取り早いです。

Read More

草刈りを効率よく

weeding tools 草刈りを業者にやってもらう場合、1平方メートル当たり500円が相場です。自分で刈る場合、草刈り機の相場は2万円ですが、チップソーや燃料代のことも頭に入れておきましょう。また、草刈り機を使う場合はハンドルを調節し、腰の回転で振ることです。

Read More

ガジュマルのお手入れ

ガジュマル育て方と剪定

weeding tools

ガジュマルはゴムノキの仲間であるクワ科の植物で、ツヤのある緑の葉が特徴の植物です。ガジュマルは日本では沖縄に自生しています。耐寒性は弱く、冬場は5度以上の気温が必要になります。近年ではインテリアグリーンとして利用されることが多く、ガジュマルは人気のある育てやすい観葉植物です。育て方は、乾燥した環境が苦手なため、湿り気のある環境を好むので、土が乾いたらたっぷりと水をあげ、霧吹きなどを用いて葉水もあげるようにします。大きく成長したら一回り大きな鉢へと植え替えを行います。そしてガジュマルの剪定は全体のバランスを見ながら行います。剪定箇所から枝分かれをし、新芽を出して成長していきます。剪定時期は5〜6月くらいに行い、剪定後は茂った姿に育てていきます。

独特のシルエット

このように剪定と成長を繰り返しながら大きく育てていきます。さらに、ガジュマルは他の植物とは違った育ち方をし、幹の途中から根が下に伸びて育っていきます。この根のことを気根といい、やがて根元である地面に達し、木そのものの支柱となりながら大きく育っていきます。この気根はガジュマルならではであり、魅力のひとつです。ガジュマルは沖縄の地方名で、子供の姿をしたキジムナーという精霊が住むと言われている植物です。この気根によってガジュマルの育つシルエットはそれぞれ異なるため、自分だけのガジュマルを育てていくという愛着と楽しみをくれる植物です。気根によって独特のシルエットに育っていくガジュマルはとても人気の観葉植物です。